日本の(地理的)中心でICTに愛を叫ぶブログ

岐阜県の公立高校でICTを使った英語の授業をしている者です。ただどんどん関東エリアや、日本各地の私学の先進的な事例を聞くと「このままで大丈夫か?」と焦りを感じながらゲリラ的にやれることからコツコツとICTを活用した授業を展開しており、その一端をご紹介している次第です。

正実のなんでもICT相談室リターンズ その84 本日、いきなりStand FM生放送やります。

Q: 本日のメルマガは拡大版として

masamiのICT何でも相談室@スタンドFM

と銘打ち生放送を考えています。

 

A:このあと10時からスタンドFMで生配信を

 行います。

 URLはこちら

https://stand.fm/channels/5f5f5c6af04555115dc5b391

 

Q:最近の取り組んでいることやメタモジクラスルームを

導入した岐阜県の状況などをお話ししたいと思います。

 

A:質問も生でお答えしようと思います。

 

Q:どうしたら参加できますか?

A:

1)まずはスタンドFMのアプリをダウンロード。

https://stand.fm/

 

2)その後時間になったらwatanabeの番組に

  Tune inすればOK

 

Q: リアルタイムにチャットで参加ができますし

     コラボ配信として番組に登場されたい先生は

     アカウント等を作っておいていただければ

     参加していただけると思います。

A:はじめての試みなのでうまくいくか

 分かりませんがぜひやってみたいので、

 ご参加いただければと思います。

 

 ではお待ちしていまーす!

正実のなんでもICT相談室リターンズ その83 「有り物」を使って時短!

今日の動画

https://bit.ly/3hOG5jD

 

Q:そういえば、京都のN先生がfbでCanvaについて

 取り上げてましたねー。

A:うん、手早く「バエる」画像やロゴを作る気軽な

 アプリだと思う。ちょっと洋物っぽくなるけど。

Q:なんなんでしょうね。日本人の感性とちょっと

 違う感じがしてアクセントになりますよね。

A:統一感という意味では課題が残るだろうけど。

Q:まぁ、そんな難しいこと言わなくても良い

 じゃないですかー。楽しんで、どんどん作って

 自分のカラーを出せば良いんですよ。

A:んだね。

Q:ということで今日はどうしますか?

A:ということでN先生に乗っかって、

「最速で簡単にグラフィックを作っちゃうテクニック」

という話をしたいと思いますよ。 

Q:確かに、チラシとか、ポスターとか、募集系の

 フライヤーとか何かと作る機会あるんですけど

 ワードでベタ打ち、ってなっちゃいますよね。

A:そんな時にはプロの手を借りましょう、という

 ことでオンライン上には色々、ネットプリント

 業者さんが提供するフリーのテンプレートがあります。

 今日はアスクルさんの「パワポン」を紹介しますが

 他の業者さんでも色々やられてるので好みの業者さんを

 探すと良いと思いますよー。

Q:で、どう使うんですか?

A:まずこっちに行ってもらって

https://ppon.askul.co.jp/search/__all__

  使いたいデザインのチラシデータを探します。

 で、ダウンロードして、PowerPointで加工、

 そのまま印刷にかける、pdfにする、

 あとはご自由に・・・

Q:なんか解説まで手抜きになってる。

A:ってぐらい簡単なんですよ。グラフィックって

 なんか、デザインソフト使わなきゃ!って

 強迫観念ありますけど、別にパワポでいいんだ!

 って思う時が楽になりませんか?

Q:ということで、是非試してみてください!

 

正実のなんでもICT相談室リターンズ その82 StandFMでOwned Mediaを手に入れよう!

本日の動画:https://bit.ly/3kiqMkF

Q:こんにちはー。今日はどうしますかー?

A:僕の周りのfb友達の間ではやってるStandFM、

 ラジオを手軽に配信できるアプリを紹介します。

https://stand.fm/

Q:音声だけですよね、Youtubeみたいに映像はないんですよね?

A:無い。だからこそ「手軽」だよね。

Q:なるほど。どんだけ秀逸でも更新頻度低いとダメですもんね。

A:ウチのYoutubeチャンネルじゃん(苦笑

Q:で、これはどう使えば良いんですか?

 

A:

1)アプリをこちらからダウンロード

iOShttps://apple.co/3hyhgs2

 Android:https://bit.ly/2RtiTN2

 

2)プロフィール編集をする。

3)下段中央のマイクマークを押す

4)収録ボタンを押す

5)赤いボタンを押す→収録スタート

  →しゃべる→確認→送信

Q:簡単ですね!

A:でしょ。配信URLを配信できるなら・・・

Q:あ、授業のリフレクションとか、

 部活動のリフレクション、SHRや学級日誌

 のリフレクションとか、簡単に配信できる。

A:そう、良い感してるね。聞く方も動画だと

 データ残り残量(ちまたでは「ギガ」という

 が必ずしもギガとは限らないぞー!という)

 を気にしてるから、そういう意味でも生徒に

 優しいメディアとも言える。

Q:必要なら視覚的マテリアルは別途pdfで

 配布すれば良いわけですからね。

A:そう。だから、これは「ありだぞ」と思った次第

 です。なので、このメルマガでの質問も、ラジオで

 配信するのも有りだなーと思った次第です。

Q:参考になれば幸いです。

 

正実のなんでもICT相談室リターンズ その81 パワポタイマー最終回

本日の動画:

https://bit.ly/3h4ofso

Q:やっと、リクエストにこたえられますね。

A:そうですね・・・長かった。

 パワポ自体はできてたんですけど。

Q:なんか、動画までたどりつきませんでしたね。

A:本当にすみません、って感じです。

Q:今回は基本的に動画見てもらえば良いんですけど

A:アニメーションを上手く組み合わせればタイマーは

 出来上がるんですよ。なので、もしかしたら、

 情報の授業とかで何やっていいか分からんー

 って思ってる先生は、生徒に好きにタイマーを

 作らせたら良いんじゃないか、と思います。

Q:プログラミング的思考って、

 ゴール設定(問題発見

 解決方法の決定

 試行錯誤

 完成、だと思うので。

A: そうだね。簡単なアニメーションを教えて

 「それを組み合わせてどうタイマー作るか?」っていう

 課題設定を与えて作り上げていく。時間とか、タイミング

 をどういじったら良いのかって、仕組みを調整しながら

 完成させる、これってプログラミングで養いたい力

 ですからね。

 ということで、今日は英語からはちょっと離れましたが

 結構ICTに興味を持つ先生が情報を担当することもあると

 思うので、語ってみました。

Q:動画に使ったパワポもシェアしますので、

  アニメーションの設定をいじってもらってどこを

  どう触るとどう変化するかみていただいて、

  勘所を掴んでもらえれば幸いです。

パワポはこちらからダウンロード

https://bit.ly/3jZBexA

 

 

 

 

正実のなんでもICT相談室リターンズ その79 祝2400回。

ただ、ただ、その記録の偉大さに頭が

下がる思いです。普段は酒宴なので「はいはい」と

失礼な態度を取ってると思うのですが、今の自分が

いるのはいつも言いますが、谷口先生のおかげです。

21歳だか22歳の大学出たての常勤講師を

粘り強く、育ててくださった先生の存在がなければ

公立高校の採用試験も受かることがなかったでしょう。

 

育てていただいた御恩はPay it Forwardで若手に!と

思っています。ありがとうございます。

 

では、いつもの二人に登場いただきます。

今日はオンライン授業で見直すべき「ネットプリント

それとも、プリンター買うべき?」というテーマです。

本日の動画:https://bit.ly/3j1UkDl

Q:今日はなんかあの人、重いコメントやったな。

A:たまにはいいんじゃないの?それより、Q君は

 ネットプリント使う?

Q:僕は使いませんけど、生徒はよくセブンイレブン

 ネットプリント使うみたいですね。でも、オンライン

 授業の時とか「これ、家でプリントして!」って

 言いたいですけど、なかなか言いにくいですよね。

A:でもね、コスト的に言ってもセブンのネットプリント

 はいいよ。そんなに頻度高くないだろうし、

 目詰まりしないし(したとしても修理しなくてもいい)

Q:言われてみるとそうですね。

A:達人セミナーでも現行忘れたら、Fedex キンコーズ

 キンコーズがなければ、セブンイレブンだよね。

Q:元データだけネットプリントで出して、あとは、

 モノクロコピーですけどね。

A:そうそう。ということで、今回はエプソン

 PX-k150というモノクロプリンターと、

 格安複合機のEW-052を比較してみましたので

 動画でもご確認ください。

ということで、今日はネットプリント、意外と

おすすめですよ、という話でした。

 

 

 

 

正実のなんでもICT相談室リターンズ その80 復帰第一弾。今後の教育ICTの方向性を考える。

Q:とりあえず、体調も収まりましたね。

A:はい。PCRドライブスルーを初体験しました。

Q:あれひどいですよね。

A:うん、だって、綿棒突っ込まれて。 

 それはあれ、インフルと同じ綿棒ですよね?

 それで、なんであんな痛いんですか!?

Q:しかも、多分鼻か咽頭かはわからないですけど 

 明らかに粘膜持っていかれた感じで痛くて、

 目も開けにくいって最中・・

A:「はい、早く前行って」って、事故ったら

  どないすんねん!ってものですよ。

Q:ほんとうですよねぇ。

A:ただ、地域でも多数の陽性反応者がでてらっしゃい

 ますし、皆様苦しんでらっしゃったり、不安だと

 思いますのでそう「ちゃかした表現」はできない

 ですけど・・・

Q:本当に気をつけたいものですね。

 しかも、その前には「急な腰痛に見舞われるわ

 コロナ陰性がわかったら今度は帯状疱疹」でしょ。

A:なんか、メルマガが「Wさんの健康状態を全国に

 広報してる」って思われないか心配ですけど。

Q:でも、心配してメールとかメッセージくださる先生がた

 ばかりなのでありがたいですよね。

A&Q:この場を借りてお礼申し上げます。

 

A:とはいえ、まだ多少口内炎が舌の上にもあって

 十分な滑舌がまだもどってきてないので今日は録画なしで

 おねがいします。

Q:って、大分前置き多かったですよね。

A:何しようか。Q:一応、パワポでタイマーは

 次週やるとおもいます。

A:とはいえ、安河内先生が夏の教育セミナーで配布されてた

 教材がすごすぎて【これ、みんな使えばいらんやん】

 って思うクオリティで。

 達セミフレンズの山本先生のお話&安河内先生のお話

 &パワポだけでも一見の価値ありますから今からでも

 どうぞ→https://summer-seminar.com/

Q:でも、延長23日までだったんですね。

A:ルートある人は資料だけでももらうといいですね。

Q:はい、デジタル教科書も【いらなくなるクオリティ】

 でしたね。内容差し替えたり好みにカスタマイズしやすい

 のでいつでも誰でも使えるいいテンプレになると思います。

A:でも、どこで次ゲットできるんですかねー?

Q:次の達セミじゃない?

A:そうねぇ。

Q:ってことで、次の話題です。 

 先週、うちの学校は探求学習のイベントを実施しましたが、

 【講師が大学や遠隔から参加】するのが普通になりましたね。 

A:うん。

 でも世間がzoomっていうなら、今ちまたはでは話題は

 Remoだよね。

Q:はい。うちの妻もなんかハンドクラフトをRemoで売るって

 言ってました。そういうフリーマーケットのインフラとして   

 Remoがこれから来る予感です。

A:多分、進路研究会とか、大学ブース作った進学研究会とか

 Remoで生徒の端末使わせて仮想空間で大学ブースにいる

 担当者と進学打ち合わせ会って出てきそうだね。

Q:はい、業界の人たちはZoomからRemoとか、Virbera

 のようなアヴァターを使った仮想空間でのセミナーを

 研究する必要が出てきそうですね。
https://remo.co/

https://www.virbela.com/

 

A:リセマムにはこんな記事が出て驚かせましたね。

【大学受験2021】横国大、一般選抜の個別学力検査実施せず

https://resemom.jp/article/2020/08/04/57489.html

 

この中で「すべての学部で自己推薦書の提出を求め、

大学入学共通テストの得点を用いる。教育学部では当初、

集団面接試験のほか、小論文または実技検査を行う予定

だったが、それらの試験に相当する動画やレポートなどの

提出物により合格者を決定することとした。」と。

 

もう、小論文指導も大事ですけど(動画の原稿作りは

必要ですからね)これからは【セルフプロデュース力】

が必要なのかもしれませんね。そういう意味では自分で

学生時代からYoutubeイチナナライブ、スプーン、

Twitchといったメディアで発信してる生徒は強いでしょうね。

(この中で「なにそれ?」と思った先生はGoogleしましょう!)

 

ということで今日はちょっとリハビリ的な内容ですが、

来週からは動画も上げていこうと思っているので

復帰出来ると思います。よろしくおねがいしまーす。