日本の(地理的)中心でICEに愛を叫ぶブログ

岐阜県の公立高校でICTを使った英語の授業をしている者です。ただどんどん関東エリアや、日本各地の私学の先進的な事例を聞くと「このままで大丈夫か?」と焦りを感じながらゲリラ的にやれることからコツコツとICTを活用した授業を展開しており、その一端をご紹介している次第です。

正実のなんでもICT相談室リターンズ その25 絵の一部だけカラー化(ワンポイントカラー)するフォトレタッチアプリ「カラフル(Colorful)

本日の解説動画はこちら

http://bit.ly/2FEvkBD

Q:はい、今日は何にしますか?

A:今日はね、こんなお題を考えてるんだよ。

(At a library)

A:Do you know the girl?

B:Which girl?

A: Do you know the girl standing next to Elias?

B:Oh, the girl standing next to Elias?

   She is Sara.

この活動に導く画像を用意したいんだ。

(ちょっとくどめなスクリプトですいません。)

Q:たいがい、今時、フルカラーの写真が

 教科書についてますよ。

A:そう、だからDo you know the girl?

 で女子以外はモノクロにして

 女子の中から選ぶようにすると、

 後置修飾で絞り込むような感覚が

 意識されないかなぁ、と思って。

Q:で、とりあえず出来合いの絵を

 どうするんですか?

A:写真みたいな「境界線がはっきり」

 してるんであればkeynoteとかの

 インスタントアルファ使えばできると

 おもうんだけど

参考)http://bit.ly/2AWH7aF

あと高性能フォトレタッチソフト

たとえば

LightRoomを使ってやるとすると

参考)https://amzn.to/2FF2Wzx

Q:でも、高いですよね、adobe

安月給の僕には手が出ません。

A:だよね。じゃ、無料のGIMPで・・

参考)http://bit.ly/2RZ8XN6

Q:無料なのはいいんですけど、

 これ大変です。なんか、

 とっつきにくそう!

A:もう、、、欲しがりだなぁ。

 っていうことでiPhone / Androidアプリ

 でちゃちゃっとやってみましょうか。

 

ということで本日使うアプリはこちら。

「カラフル(Colorful)」

「Colorful-白黒やモザイク、セピアで

無料の画像編集できるカメラアプリ!」

iOShttps://apple.co/2sCebAd
Androidhttp://bit.ly/2sBypKn

Q:使い方はどんな感じですか?

A:んーとね、、、

 1)カメラロールに編集したい画像を

入れておく(MacからAirDropまたは、

PCからならメールで転送しておく。)

2)カラフルを起動して、カメラロール

(「写真」)を読み込んでレタッチしたい

写真を読み込む。

3)指ツールボタンを押し、ピンチイン

で拡大します。

ピンチインがわからない人はこれ参照

f:id:watanabemasamidesu:20190122111147g:plain

https://gigazine.net/news/20171126-substitute-phones/

より参照

4)あとは色付きにしたいところを指でなぞって

5)カメラロールに書き出しを選択する。

以上

Q:簡単でしたねー。絵のBefore/Afterも

貼っておきますね。

 

BEFORE

f:id:watanabemasamidesu:20190122111508j:plain

AFTER

f:id:watanabemasamidesu:20190122115525j:plain

A:単発の機能ならアプリの方が簡単だよね。

「やりたいことをはっきりイメージできるか」

が鍵だと思います。もし、「こんな活動にも

この絵、使えるよね」っていうのがあれば

教えてくださいねー。ではでは。