日本の(地理的)中心でICEに愛を叫ぶブログ

岐阜県の公立高校でICTを使った英語の授業をしている者です。ただどんどん関東エリアや、日本各地の私学の先進的な事例を聞くと「このままで大丈夫か?」と焦りを感じながらゲリラ的にやれることからコツコツとICTを活用した授業を展開しており、その一端をご紹介している次第です。

正実のなんでもICT相談室リターンズ その24 Power Pointを使った音読再考

本日の動画はこちら 

 

http://bit.ly/2RNcU7p

Q:今日はどうしましょうねぇ。

A:鮮度が大事、ってことでBee先生からのお困りごと

 を解決しましょう。「パワポを使って音読をさせて

 るんですが、キーワードやキーワードを表す絵だけ

 を残して、文字が消えていくスライドを作るには

 どうしたらいいでしょうか。」という話をいただき

 ました。

Q:スローラーナー研究会の時の話ですね。

A:はい。でも、Bee先生がやりたいことが明確にイメージ

 できてるので形にするのはそんなに時間かかりません

 でした。やっぱり

 「何を形にしたいのか言語化できるかどうか」って

 大事だと思いますよ。

 

Q:で、具体的にどうすればいいんですか?

A:

1)黒の背景に白字で本文入力

2)文字をコピーしておく

3)1の本文のキーワードになるところを黄色、

  それ以外のところを黒色にかえる。

4)2でコピーした本文をペースとして白字が

  上に来るようにする。

5)の白地を「背景に移動」で表示順を入れ替える。

6)アニメーションの設定から「はなやか」「フリップ」

 で、一文字ずつ黒字&黄色字が表示

 されるようになるとカラオケシャドーイング

 消えるバージョン(キーワードだけ残し)の

 完成です。

Q:おぉ、これいいですね。考えながら読むから消える

 スピードはかなり手加減するぐらいでちょうどいい

 かも。インテイクリーディングの前段階として使え

 そうです。

A:ぜひ使ってみてください。