正実のなんでもICT相談室(95)IntroMateとMovieDropsでiMovieの表現の幅をさらに広げましょう。

◆今日のレッスン動画
→ http://bit.ly/2nNB1kN

◆今日使うアプリ

■MovieDrops
http://apple.co/2n3tDlk

□でもセット販売の方がお得

■Video Editing & Compositing Suite for iMovie
→ http://apple.co/2lVneLo

Q:そういえば、先週のIntroMateの紹介って、

 別のアプリとセット販売してるっていって

 ましたけど、もう一つのアプリって紹介

 しないんです?

A:あー、あれですか。

 どうしようかなーと思ってたんだけど、

 気になる? 

Q:はい。是非紹介してくださいよ。

A:じゃ、僕もちょっとしか使ってないけど

 わかる範囲で紹介しますね。

    MovieDropは背景CGグラフィックを

 使った動画を手軽に作成するソフトです。

 ニュースのロゴとかで不思議な

 背景ありませんか?

 あんな感じのフラクタルな背景とか

 を手軽に作るソフトです。

Q:これ、単体でどう使うんですか?

A:これ単体では大して役に立たない。

 ま、これで動画を作っておいて、

 iMovieの字幕を重ねるっていう

 こともできるけど。

Q:それだけでもずいぶん印象は

 変わりますね。

A:ただ、iMovieの字幕は

 音源を別に設定しなきゃいけない

 から一手間だね。その点、

 IntroMateは字幕の動きと音源が

 連動してるからIntroMateを使った

 方がかっこいい気がしますよ。

 どの道、まとめ買いしたら使う

 わけですから。

Q:そりゃそうですね。

A:じゃ、とりあえず作ってみましょうかね。

Q:手順をお願いします。

A:

1)MovieDropsを立ち上げます。

2)Drops(テンプレートのことです)

  から好きなものを選びます。

3)パラメーターを調節して

  お気に入りの背景動画を作ります。

Color...色を変えます。

Saturation...彩度を変えます。

Brightness...明るさを変えます。

Pinch...つまんだように変形させます。

Twirl...ひねります

Shine...輝きキラキラが増えます。

このようなパラメーターを変え、

自分なりの動画を作ります。

作ったら録画ボタンを押します。

任意の時間まで録画できたら

もう一回ボタンを押して録画終了。

あとは書き出しをします。

Q:へぇ、簡単ですね。

 高価なソフトを昔使ってたんですけど

 もういらないですね。

A:んだね。あとはこれを先週紹介した

    IntroMateで読み込んで字幕つけるだけ

 です。

Q:超簡単!!

A:はい、ぜひ試してみてください。

Q:じゃ、これから僕も試しに作ってみまーす。